オロナインやワセリンを上手に使って乾燥対策を!

MENU

オロナインやワセリンを上手に使って乾燥対策を!

私の乾燥肌対策は、いつもの保湿化粧品にスクワランやオリーブオイルなどの油分を与えてあげることです。冬場の肌は寒気にさらされ、乾燥がひどくなります。スクラワランや化粧用オリーブオイルで間に合わない場合は、オロナインやワセリンを使う時もあります。特に唇の乾燥には就寝前に唇にワセリンを塗ってあげると、翌朝唇がしっとりして口紅もきれいになじんでくれます。

 

それに加え、化粧水の前に保湿力の高いヒアルロン酸の含まれたパックをするとさらに効果的です。

パックは毎日ではなくても、週に2〜3回程度、特に乾燥がひどい場合に使用することがお勧めです。また、冬は体内の水分が不足して乾燥肌になる場合もあります。水素水や水など水分補給もたくさんするようにしています。冬は思っている以上に乾燥し、暖房のきいた部屋に長時間いることで脱水症状に陥ることもあります。ですので、喉が渇くまえに水分を補給するよう心掛けています。そして足やかかとの乾燥、ひび割れ対策にはお風呂上りにボディーバターをたっぷりとつけます。かかとのひび割れは、入浴中に軽石などで荒れた肌をこすりとったり、かかとの角質を取り除くパックをしてからボディーバターをぬります。

 

また忘れがちなのが、お風呂の温度です。

寒いからといってあまり暑すぎるお湯に長時間つかると、肌の水分が取られ、乾燥につながり、入浴後足のすねや腕などにかゆみを感じることがあります。理想的なのは少しぬるめくらいのお湯に、ゆっくりとリラックスしながらつかることです。かゆみを感じた時はボディーミルクやオロナインをつけます。オロナインは万能薬で、薬として使うこともあれば、乾燥対策としてクリームがわりに使う方法もあります。名前は知られていても、その効能についてはあまりよく知られていないかもしれませんが、冬場の乾燥対策の強い味方です。
肌12