私の乾燥肌・敏感肌対策法とは何か

MENU

私の乾燥肌・敏感肌対策法とは何か

肌11
私はもともと乾燥肌体質なのですが、間違った方法から乾燥肌が進行してしまい、一時期敏感肌になってしまい、化粧をしたり化粧水を塗ったり汗をちょっとかいただけで肌がピリピリしたし、何だかしみたりするようになったことがあります。新卒の頃ストレスで大人ニキビが悪化してしまい、それを脂性肌体質になってしまったからだと勘違いしてしまい、化粧水や乳液を洗顔後にしなければ肌の乾燥から脂性肌が治ると思い込み、約1か月ほど乾燥肌のくせに、化粧水や乳液を一切使用せずにメイクを毎日行っていたら敏感肌になってしまいました。当時は一人暮らしで夜勤アリの勤務であり、ストレスや不規則な生活からの睡眠不足、シャワーのみの湯船につからない烏の行水のような入浴、サプリメントや青汁に頼りきりの偏った自炊をほとんどしない食生活が乾燥肌を促進させることになり、皮膚科の先生にすべてを見直すよう注意されたことがあります。

 

乾燥肌はまだマシですが、敏感肌は肌のバリア細胞が破壊されているので修復に時間がかかり、敏感肌から乾燥肌に戻るまで1年近くかかりました。夜勤は逃れられないので睡眠時間は諦め、お肌のお手入れ・食生活・入浴法を一から見直しました。無印製品の化粧水や乳液はとても質が良く私の肌にはあっていたみたいで、毎日たっぷりと肌に塗り続け、加湿器を購入して室内の乾燥を防ぎ、毎日1日10分の半身浴を行い、休日は自炊をし、自炊をできなくてもバランスのよいものを買って食べるように頑張ったら敏感肌は治って、ピリピリしたりしみるようなことがなくなり、乾燥肌も季節の変わり目などは感じるけれど、その他の時期は幾ばくかマシになったので、今でもずっと継続しています。

 

現在は転職し、夜勤なしの職場になったので睡眠がマシになっています。食事・入浴・睡眠・お肌のお手入れなど、日々当たり前のことに気を配ることが大事だと私は実感しています。