食べ物とスキンケアで敏感肌ながら綺麗な肌をキープ

MENU

食べ物とスキンケアで敏感肌ながら綺麗な肌をキープ

現在30歳女性です。
私は敏感肌なので、20代前半の時にとても悩みました。
肌に合わない物をつければ、顔に痒みのある吹き出物が数週間に渡り出る肌質なので、いつも敏感肌用を使っていました。
しかし、敏感肌用は確かに「肌荒れ」は起こさないですが、カバー力が弱かったり、メイクが落ちなかったり、全てにおいて普通の物より優しい処方で使い心地がよくありません。

 

化粧水も、確かに荒れはしないですが、いつもどこか乾燥したごわついた肌で、それを隠すために敏感肌用の化粧品を厚塗りし、洗顔が敏感肌様で何回も洗う。
そんな悪循環を繰り返していました。
しかし、私はあるきっかけで綺麗な肌を手に入れました。
それは食事を改善する事です。

 

雑誌であるモデルさん達の生活が紹介されていました。
毎日ヨガやストレッチをし、半身浴をし、玄米や穀物を中心に肉の少ない生活を送っていると書かれていて、早速実践をしました。
それから私もすぐに食事を玄米に切り替え、野菜中心にして、毎日ヨガやストレッチを無料動画を見ながら1時間しました。
すると、驚きの変化がありました。
肌8
毎日、汚れを排出するかの様にお通じが出るんです。
こうしているうちに肌が段々綺麗になってきました。
関連がないと思っていましたが、お腹に溜まった汚れが、肌荒れを起こしやすい弱い肌にしていたんです。
肌が強くなっているのはすぐに見た目で分かりました。顔も体もお風呂からあがったら潤っている内に保湿

 

それまでの肌は乾燥していて、少し間違った化粧品を使うといつでも肌荒れに繋がりそうな状態でしたが、改善後は肌がみずみずしく弾力のあるものに変化しました。
また、綺麗な肌になると、化粧品が肌に少量で乗りやすく、化粧も落ちやすくなります。
乾燥していた時は、肌の細かなシワや乾燥している部分に、ファンデーションがこびり付き、よれやすく、落としにくかったです。
そして、肌が綺麗になった事で、ファンデーションをやめ、今はCCクリームやBBクリーム(普通肌用)など市販の物を使っています。
化粧が薄くなった事で、洗顔が楽になり、お風呂上がりの化粧水の栄養がぐんぐん入るので益々綺麗な肌になっています。

 

関連
「サンホワイト」は、乾燥肌の私の必需品です!
顔も体もお風呂からあがったら潤っている内に保湿